特種東海エコロジー株式会社

紙ができるまで(製造工程)

みなさんが普段使っている紙はどのように作られているのでしょうか。いろいろな設備や技術から、紙が出来上がるまでの製造工程を説明します。

製造工程を見る

まずは、特種東海エコロジーの向上について

 「紙の町」静岡県富士市にある特種東海エコロジー株式会社の工場は、再生紙トイレットペーパーの単一工場としてはトップクラスの生産量を持ち、環境にやさしい、効率的な生産設備となっています。
 日産約100t、12ロールタイプのトイレットペーパーで約80,000パック相当を生産しております。

▼ 特種東海エコロジー会社案内はこちら

特種東海エコロジー本社・工場

まずは、特種東海エコロジーの向上について

 特種東海エコロジーが使用している古紙原料は、印刷会社等で発生する裁落部分を主に、さまざまな上質の回収古紙を使用しています。

工場内 紙

古紙原料

紙ができるまで「製造工程」

原質工程

回収した古紙をニーディングパルパーで離解を行う。パルパーで異物の除去を行い、脱墨・洗浄各工程を経て質の良い再生パルプを作る。

原質工程原質工程原質工程

抄造工程

原質工程で処理された水を含んだ再生パルプは、抄紙機(しょうしき)の網の上に広がり薄いシートになり、大きなドラム(ドライヤー)で乾燥(約130℃)され、抄き上げられます。
3台の抄紙機(しょうしき)は、24時間ノンストップで稼動し、巻き取られたジャンボロールから多くのトイレットロールに加工されます。ジャンボロールをワインダーで決められた長さの小巻(60m等)に巻き取ります。

抄造工程抄造工程抄造工程

仕上工程

ログカッターで114mm等に断裁し、各規格の個数にパック包装します。パック包装された商品は、ダンボールやクラフト袋に自動梱包され、パレタイザーで自動パレット積みをし出荷されます。

仕上工程仕上工程仕上工程

このページの先頭へ